雨の日と月曜日は 抒情的な女性の感性響く歌詞

完全自営業(絵描き)であるが、勤めも経験してきた自分。
その頃は、週初め・月曜日が雨だとちょっと憂鬱な気分にさせられた。
土日遊んで楽しかったのに、それも終わりか とか言うのではない。
絵を描くサイクルがまた変化し、鉄道でいえば、路線切り替え、
障害物多しみないなコースとなる。
しかしこの曲は、どうも勤め人の悲哀をイメージしたのとはまったく違って(汗)
揺れ動く、言葉にならない憂鬱な気持ちを、みずみずしい歌詞と曲で歌い上げたものだった。
カーペンターズの曲として知られるが、実は元はフィフス・ディメイションのために作られたものだった。素晴らしい編曲のイントロのハーモニカは伝説的奏者トミー・モーガン。

https://www.youtube.com/watch?v=Q3XDXSytiWY
下の訳は、こちらのサイトからです。
http://blog.goo.ne.jp/shino1967/e/b8a81ea301642e1a00b3f66c5fff308a
d0104438_11511797.jpg

Rainy Days And Mondays

Talking to myself and feeling old
Sometimes I'd like to quit
Nothing ever seems to fit

Hangin' around, nothing to do but frown
Rainy days and Mondays always get me down

What I've got they used to call the blues
Nothing is really wrong
Feeling like I don't belong

Walking around some kind of lonely clown
Rainy days and Mondays always get me down

Funny but it seems I always wind up here with you
It's nice to know somebody loves me
Funny but it seems that it's the only thing to do
To run and find the one who loves me

What I feel is come and gone before
No need to talk it out
We know what it's all about

Hanging around, nothing to do but frown
Rainy days and Mondays always get me down

Funny but it seems that it's the only thing to do
Run and find the one who loves me

Hangin around, nothing do to but frown
Rainy days and Mondays always get me down



ぶつぶつと独り言ばかり言って
自分でも年をとったなと思うわ
時々、こんな事はもうやめたいとは思うんだけど
なんだか上手くかみ合わなくて

ぐずぐずと、
眉間に皺を寄せて 嫌な顔して
他には何もすることがない
雨の日と月曜日は いつも気が滅入るのよ

こういう感覚を 
人は『憂鬱』と言うんでしょうね。
特に何かが間違っているわけじゃないんだけど
自分のいる場所はここじゃないような気がするの
孤独なピエロみたいに 
ただウロウロ歩き回ってる
雨の日と月曜日は いつも気が滅入るのよ

おかしな話だけど、結局はいつも
あなたのいるこの家に
行き着いてしまうみたい
誰かが私を愛してくれるって 
それがわかればゴキゲンになれるのに

おかしな話だけど 私がすべき事は
たった一つしかないみたいね
それは、ここを飛び出して
私を愛してくれる誰かを見つけることなの

前にも、こんな感情が私の中で
浮かんだり消えたりしたわ
だからといって
それを口に出して言う必要もない
だって 何も言わなくても
わかるでしょう

ぐずぐずと 
眉間に皺を寄せて 嫌な顔して
他には何もすることがない
雨の日と月曜日は いつも気が滅入るのよ

おかしな話だけど 私がすべき事は
たった一つしかないみたいね
それは ここを飛び出して 
私を愛してくれる誰かを見つけることなの

ぐずぐずと 
眉間に皺を寄せて 嫌な顔して
他には何もすることがない
雨の日と月曜日は いつも気が滅入るのよ

訳詞:Shino
[PR]

by arthiropon | 2016-06-13 11:51 | レコードCDを聴きながら  

<< 永島慎二の点と私の点が、でんえ... 富田勲さん、時代を駆け抜け先取... >>