カテゴリ:脳内鳴り止まぬ音楽( 5 )

 

遠い夏の輝き ではなくて

昨日の夜から今朝まで なぜか脳内音楽は
ユーミンの【空と海の輝きに向けて】。
遠い波のかなたに金色の光がある という歌詞を
ずっと 遠い夏の輝き 命の光がある と
駆け巡っていた。

なぜだろうか・・
d0104438_6573227.jpg

[PR]

by arthiropon | 2016-07-06 06:57 | 脳内鳴り止まぬ音楽  

ジョンレノンの母との約3年  mother Julia

ジョン・レノンは、普通の親子の愛情に育まれて成長できなかった。
ジョンの母ジュリアは彼が1歳の時、失踪の夫に愛想を尽かせ家を出て行った。
叔母のミミが育てるが、5歳の頃、失踪していた父アルフレッドがジョンと暮らそうと
ブラックプールに連れ出す。
その時は、熱の男と同棲していたジュリアが連れ戻し、再びミミの元へ。
ジョンが再開したのは15歳の時で、ジュリアはジョンにバンジョーを教え、
音楽への道を開いたが2年後に、交通事故で亡くなってしまう。
父親は失踪を続け育児放棄。
それでも晩年はジョンがこの父の面倒を見ていた。
こうした子供時代のジョンの思いの曲 mother
そして愛する母への曲 Julia
d0104438_2383216.jpg

●マザー/john lennon mother
お母さん 僕はあなたのものだったけど
あなたは僕のものではなかった
僕はあなたを求めたけれど
あなたは僕を求めなかった
お母さん さようなら

お父さん あなたは僕をすてたけれど
僕はあなたをすてられなかった
僕はあなたが必要だったけれど
あなたは僕を必要としなかった
お父さん さようなら

こどもたちよ
僕の失敗を繰り返さないで
僕は歩けないのに
走ろうとしたんだ
君たちに言うよ さようなら

お母さんいかないで
お父さん帰ってきて 

Mother, you had me but I never had you
I wanted you, you didn't want me
So I, I just got to tell you
Goodbye, goodbye

Father, you left me but I never left you
I needed you, you didn't need me
So I, I just got to tell you
Goodbye, goodbye

Children, don't do what I have done
I couldn't walk and I tried to run
So I, I just got to tell you
Goodbye, goodbye

Mama, don't go
Daddy, come home

和訳は、こちらからです。

●Julia

僕の言うことの半分は無意味だけれど
それも ジュリア あなたに聞いてほしいがゆえ

ジュリア ジュリア 海の子 僕を呼ぶ
僕は愛の歌を歌うよ ジュリア
ジュリア 貝殻の瞳 風の微笑み 僕を呼ぶ
僕は愛の歌をうたうよ ジュリア

彼女の髪は漂う空 陽の光を受けて
きらきらとやわらかく輝く

ジュリア ジュリア 朝の月 僕に触れて
僕は愛の歌をうたうよ ジュリア

胸の内を歌に託せないときは
ジュリア 頭の中の考えを言葉に託そう

ジュリア 眠れる砂 もの言わぬ雲 僕に触れて
僕は愛の歌をうたうよ ジュリア
・・・・僕を呼ぶ
僕は愛の歌をうたうよ ジュリアのために ジュリアのために

Half of what I say is meaningless
But I say it just to reach you, Julia

Julia, Julia, ocean child, calls me
So I sing a song of love, Julia
Julia, seashell eyes, windy smile, calls me
So I sing a song of love, Julia

Her hair of floating sky is shimmering, glimmering
In the sun

Julia, Julia, morning moon, touch me
So I sing a song of love, Julia

When I cannot sing my heart
I can only speak my mind, Julia

Julia, sleeping sand, silent cloud, touch me
So I sing a song of love, Julia
Calls me
So I sing a song of love for Julia, Julia, Julia
[PR]

by arthiropon | 2016-05-09 02:38 | 脳内鳴り止まぬ音楽  

エロイムエッサイムと百目が逝く。水木しげるさんへ

d0104438_23254115.jpg

今朝、水木しげるさんが亡くなられたそうだ。
自分が子供の頃、少年マガジンや少年ジャンプで見ていた
悪魔くん・・子供が好きな・・開けてはならぬ闇の扉を
呪文を唱えて開けて、メフィストフェレスと共に
妖怪による事件を解決していく・・実に引き込まれた。
d0104438_23262910.jpg

実写版が出来ると聞いて、えーー?とがっかりしたが
見てみると意外と面白く、私の好きだった 百目 などは
なかなか良くできていた。吉田義夫さんの好演が光っていた。
d0104438_23265016.jpg

水木さんの描いた 漫画ヒトラーは 一気に読んだ。
行きたくない戦場で片腕を失いながらも、異国の人に親切に介抱され、
同じ人間が殺し合う愚かさを心底体感したからこその ヒトラー描きだっただろう。
独特の異様な暗さが私は好きだったが、そうしたマニアファンだけでなく
多くの人に認知されるようになったのは、奥様の著ゲゲゲの女房によるところが
大きいだろう。闇の人が奥様によって、光の人となって・・
自分が好きだった水木世界は無くなっていたが・・ご冥福をお祈りします。
d0104438_23274459.jpg

[PR]

by arthiropon | 2015-11-30 23:27 | 脳内鳴り止まぬ音楽  

ハマクラのあの曲名が思い出せない。

小学生の頃好きだった あの歌の題名が思い出せない。
今朝、流れを見て また口ずさんだ。
ハマクラこと浜口庫之輔さんが作ったのは記憶にあるんだけれど・・
歌詞は だいたい覚えている 一部断片だけれど・・

d0104438_827431.jpg

d0104438_8281740.jpg

d0104438_8284233.jpg

どこへ行く 小川の水よ
休みなく 楽しそうに
小さな声で 歌いながら
旅を続ける・・

君は僕の真似をして
僕も君の真似をして
旅を続ける
歌いながら

どこへ急ぐ 旅のそよ風
休みなく 後も見ずに
教えておくれ 君の心
旅の行方を 君は知ってる

愛する人を後にして・・
[PR]

by arthiropon | 2015-08-31 08:28 | 脳内鳴り止まぬ音楽  

青い影 プロコル・ハルム (A Whiter Shade of Pale)

d0104438_10222010.jpg

先日、深まる秋の、家に向かう坂道を歩いていたら
あれよあれよという感じで影が長くなり
その青さが不思議なほどだった・・それでこの曲を思い浮かべた。
d0104438_10225667.jpg

私が小学校6年生の時(1967年5月)に発売されて
英国でビートルズの次に成功と言われるくらいの大ヒット
その曲のメロディと、その題名から来るイマジネーションが
当時の私の空想力をかきたてた。
d0104438_10232895.jpg

半世紀近く経った今でも、誰もが聴いたことのある曲と言っても
過言ではない気がする。
昨年公開のトム・クルーズ主演のSF映画『オブリビオン』(Oblivion)でも
心が落ち着く昔の地球の風景の一軒家でかけられる音楽が
この 青い影(A Whiter Shade of Pale)だった。
生前のジョン・レノンは、「人生でベスト3に入る曲」と語ったらしい。

しかし実際、これが何を歌っているのかは諸説あるようで
翻訳したサイトなどを拝見しても 難解だ。
単にらりってる?と言う憶測もある。
-------------------------------------------
ファンダンゴでスキップ
船酔い
天井が飛び去る

粉屋が打ち明け話
彼女の顔色が
だんだん白くなって来た
青白い陰
--------------------------------------------

本当に船に乗っていた光景か
粉屋は何か

天井が飛び散ったり、粉屋がまたトレーを運んで来たり
顔色が青くなったりは、当時の世相から
LSDの幻覚状態で見た光景ではないかと
私は想像してしまいます。
まったく自分が 知らずに聞いていたイメージとは違いますが・・

こちらのサイトに歌詞対訳が掲載されています。
http://glad-eye.at.webry.info/200610/article_1.html

自分の抱いたイメージで 今後も勝手に
この曲を楽しんで行こうと思う,今日この頃です(苦笑)。
d0104438_10251095.jpg

[PR]

by arthiropon | 2014-11-26 10:25 | 脳内鳴り止まぬ音楽