<   2008年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

バケット(=棺桶)・リスト 最高の人生の見つけ方

d0104438_121474.jpg2008/05/17 ユナイテッド入間にて

印象に残った台詞
目は閉じていたが心は開いていた。

Hiroshi Komotoのコメント
ソロモン王の言葉に『死は産まれるに勝る』というのがある。
誕生日より葬式のほうが重要という意味は、
その人がどんな人生を歩んだか”生き様”を回顧できる方が勝っているからだ。
あと6箇月の余命を宣告された70歳近くの二人が
人生でやり残したことを書き出した夢のリスト、“バケット(=棺桶)・リスト”に沿って
スカイダイブや、ライオン狩りなどの生涯最後の冒険旅行に出るが
自分の人生で本当に大切なものが
実は身近にあったことを再認識できた事が素晴らしい。
やったことの後悔の中で生きるよりも、
やらないで後悔するほうが大きな損失であると気づかされる。

映画全体の感想
『スタンド・バイ・ミー』『ストーリー・オブ・ラブ』の名匠ロブ・ライナーだけに
よけいな説明的なシーンやセリフが無いのがスムーズで、とてもまとまっていた。
71歳にして尚演技に磨きを増すジャック・ニコルソンが素晴らしい。
セリフを監督と共にアレンジし、アドリブもあったようで、生き生きしている。
微妙な表情は、作品の訴える所をより重厚にしている。
同様に、モーガン・フリーマンも燻し銀の名場面を生んでいる。
脇で固める秘書や奥様になる演技陣もとても良い。
コピ・ルアク(インドネシア語 Kopi Luwak)のエピソードがとても面白い。
かもめ食堂でも紹介されたが、ジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆のことだが
本作では、良いスパイスになっている。
[PR]

by arthiropon | 2008-05-18 12:16 | 洋画 映画館