<   2009年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

エリック・クラプトン我がギター道・武道館ライブ2009

武道館に行くのは、かなり久しぶりだ。しかも音楽を聴くなんて。
おそらく40年近く前に、亡き父の親友 岡崎さんの息子さんの剣道の試合を
見に行ったとき以来だ。2009年2月19日 クラプトン18度目の来日公演
私のパートナーの洋子は彼の大ファンで、武道館ライブにも女学生の頃から来ていたそうだ。
今回、彼女と聴けて良かった。ただ、音響は とても悪いと感じた。音がこもってしまう。
d0104438_12563034.jpg
d0104438_12565599.jpg

エリック・クラプトンのギターは、エレキ、アコーステイック共に、美しい音色と奥行きの在る響きで
私たちを魅了した。実感したのは、コンサートのために演奏しているのではないということ。
ギターは、彼の生き様であり、言葉であり、道なのだと・・。
無駄なことは 一切語らず、味のある歌声と、千の言葉以上の演奏と
サンキュー、どうも、どうもありがとう の『挨拶』のみ。
話ばかりが多く、漫談かコンサートかわからない女性JAZZシンガーもいる。
彼女のキャラだろうが、本当に聴きたい人への大きな勘違いをしている。

エリックのことは、私の高専時代の友人のバンドが興奮して語っていた。
イギリスのロックバンド・クリーム(Cream)は最高!なかでもギターはカミワザ!
それが彼だったわけだ。
アイ・ショット・ザ・シェリフ や レイラ や ワンダフォー・トウ・ナイト などの有名曲だけでなく
新しいナンバーなど、ずっと続けている我がギター道のさわやかさを痛感した。
薬物やアルコール依存症、交通事故、胃潰瘍、親友の妻との結婚と離婚、初めての子供の転落死
多くの苦しみの沼から這い上がり、美を弦に代えて、多くの人を癒す。
[PR]

by arthiropon | 2009-02-21 12:57 | ライヴの揺さぶり