<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

ターミネーター4のSF映画を超えた現実感

d0104438_1146202.jpg

TERMINATOR SALVATION(救済)
昨夜、入間のアイポッドで観た。

監督が、2000年に映画化された『チャーリーズ・エンジェル』のマックGだと聞いて
大丈夫かよと実は内心思っていた。
というのは、前作のアクションシーンは、ありえない、リアル感の無いCG合成と
香港的な超スローアニメ映像のオンパレードで、私的には相当不満があったからだ。

それが今回は、まるで『プライベート・ライアン』を髣髴させるような
リアルな戦闘シーンで よけいな甲高い音楽も挿入されず シルバーカラーの渋い
ダイナミックな映像表現で、SF映画を超えた現実感があって
私たち二人とも、いつの間にか力が入って、身体がターミネーターのように固まっていた(苦笑)。

T3の設定・・女刺客が ごっつう強い という単純さに比べて
T4は、人間模様が描かれていて重厚だ。
ターミネーター自体も、バイク追跡型様々な形の「モトターミネーター」など新バージョンが登場して
スリル満点。「ハーヴェスター」という戦闘機のようなものはT2でも登場していたが
今回それが人類捕獲型ターミネーターだったと納得した。

特殊メイクの老舗元治スタン・ウィンストン亡き後、どういう展開になるのかと
思ったが、メイクは臨場感が今ひとつだなあと感じた。でも、参加していない亡き彼の名前が
ロールオーバーの最初に出たことは、前3部作の彼の実績を称えたことで素晴らしい。

VFXのILMとイメージワークス・インディア は目を見張る躍進を遂げている。
リアルとしか言いようが無い。
大爆発のときに ヘリが飛べるのかなど???もあるが、それはILM側の責任ではないよね。

シュワちゃん無き後 SALVATION(救済)となる人間寄りのTERMINATORマーカス・ライトを演じた
サム・ワーシントンがかっこいい。
中盤から出て彼を愛する女性ブレアを演じるムーン・ブラッドグッドが素敵だった。
終盤でついに登場する最新式ターミネーター(T-800)・・えっ絶句
若い頃のシュワルツェネッガー?など様々に楽しめる内容となっている。
バットマンが好評なクリスチャン・ベールは、ジョン・コナーを演じることで順風な日々を送ることだろう。
しかし、太陽の帝国のあの少年がと、よくずっと続けてきたと感じる。渋くなった。

過去、現在、未来が入り乱れるストーリーなので、いくらでも続編が作れそうだが
すでに第5作の製作準備が開始され、T4~T6までが新3部作だそうなので どこまでいくのでしょうか?
ロッキーはロッキ54と、タモリが言っていたが(笑)。
d0104438_11464216.jpg

[PR]

by arthiropon | 2009-06-28 11:49 | 洋画 映画館  

木村充揮 魂の絶叫ブルースを聴く 秩父ホンキートンクライブ

d0104438_918040.jpg

昨日は暑かった。一昨日の夕方から、秩父は
入道雲が立ち上がった。
汗をかいて過ごしたが、昨夕、皆野で汗だくで歌っている男がいた。
木村充揮(きむら あつき)さん
伝説のブルース・バンド「憂歌団」のリード・ヴォーカル
(憂歌団は1998年に活動休止)で 天使のダミ声と評されている人。
私のパートナーは、大阪に住んでいた時からのファンだったらしい。
テレビで『あれが憂歌団だよ』と紹介されたが
あまりピンと来なかった。
それが、昨夜のライブハウス 秩父市皆野のホンキートンクでは
これこそブルースと感嘆したくなった。
もともと「憂歌団」は、英語のブルース・バンドを日本語に意訳した名称。
心を根こそぎ絶叫と共に、観客にぶつける木村さんの歌声は
歌っているというのを超えて 表現していると言える。
風貌は、 くしゃおじさんを童顔にしたような感じに見えるが、
表情豊かで、演奏中に陶酔したような表情を見せる。
大阪生まれということで、会話で ぼけてるのに つっこみを求めることが度々あった。
ワンダフル・・・なんや洗剤か?ニュービーズか 
演歌で・・・えんかあ? $ドルではなくて えんかあ?
しかし いつのまにか真面目な顔でギターを弾き始める。
シャイなのか、ウィスキーを飲みながら、汗だくで演奏し、歌うさまは、
彼より一歳年下の自分の絵も『出し尽くさなくてはいけない』と、自らの心の中に
繰り返し念じていた。
バンドのメンバーも素晴らしかった。ピアノ(キーボード)の宮原透さんの風貌は
名作アニメ『耳をすませば』の骨董屋の心優しいおじいさんに似ていたが
楽譜を見ない、素晴らしい演奏だった。
サックスの横山貴生さんの達者な演奏、喜田昌和さんの心地よいドラム、
石井孝宏さんは一番若いと見えたが、テンポのあるベースの響きは、全体を落ち着かせた。
アンコールが鳴り止まず、2回も演奏してくれて、テネシーワルツで終わった。
CDを購入して、快くサインをしてくださって話もしていただいた。
誘ってくださったホンキートンクのオーナー鈴木さんに、感謝している。
d0104438_9182266.jpg 
[PR]

by arthiropon | 2009-06-13 09:27 | ライヴの揺さぶり