<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

キャデラックレコードで明かされるブルースの曙

キャデラック・レコード
d0104438_12272612.jpg

[PR]

by arthiropon | 2010-01-29 12:27  

スター・トレック2009の若々しさ

d0104438_13424026.jpg

映画版シリーズ11作目ではあるが
私にとって これは異色作だった。
トレッキーという言葉があるほど
アメリカを中心に、世界中にいる熱狂的なファン。
大昔のテレビシリーズと、ほぼ同じユニフォームで・・
やはり 譲れない ものもあるのだろうか。

多くのSFもののシリーズの中で
スター・トレックは、精神性の内容が
より多く盛り込まれているように感じる。

本作は
トレッキーではないJ・J・エイブラムス監督によって
友情と絆というテーマを軸にした映画となっている。

ジェームズ・T・カークとスポック ・・
意外な展開をし
スリリングに展開する本作は
若々しく新鮮な印象だった。
d0104438_13431996.jpg

太りすぎて見る影も無い(人のことは言えないが)W・シャトナーは
出演していないが
時空を超えたバルカン星人スポックに
オリジナルの レナード・ニモイが
友情の絆を説くアンカーマンの役柄を演じている。

嬉しかったのは、万引き事件が大々的に報じられた
ウィノナ・ライダー が
スポックの母を印象的に演じていたことだ。
また、炎のランナーのベン・クロスが、父サレクを演じているのも
驚いた。

そして、最後までわからなくて
ロールオーバーで名前が出ても
どこに出ていたのと思ったのが
ネロという悪役を演じた
エリック・バナ だった。

この映画を見たいと思った理由のひとつに
『アバター』でCG出演の
ゾーイ・サルダナが、ウフーラ役で出ていることだった。
パートナーも、やはり魅力的と
賛同していた。
d0104438_13434196.jpg

ストーリー展開が、過去の様々なエピソードの軌跡を
尊重しているために、最後のテーマ音楽が流れるときに
なんだか嬉しくなったりもする。

宇宙大作戦よりも前の時代を描きながら
U.S.S.エンタープライズ のワープの速さや
展開の速さ
固定されてないカメラなど
これらが、途中までなじめなかったが
Mission: Impossible III の監督に
トム・クルーズに招かれただけあって
若々しさのあるスリリングな作品
だった。
[PR]

by arthiropon | 2010-01-24 13:46