<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

グッドシェパードに見る秘密国家の驕り

d0104438_17184526.jpg


ロバート・デニーロがメガホンをとったことでも
公開当時(2006年)話題となった映画。
劇中で、こんな会話がある・・
なぜCIAにTHEを付けないのか?との問いに
神に GOD に THE を付けるかと聞き返す。
我々がいるから一般国民は守られているんだという考え。
そのことから来ている映画の題名 グッドシェパード。
イエス・キリストの言葉 『私は りっぱな(良き)羊飼いです Good Shepherd 』を引用している。

d0104438_17194158.jpg

1960年代のキューバ危機と ピッグス湾事件に絡んだ
米ソの秘密裏に遂行されたスパイの実話を基に作られた映画なのだ。
潜入しているスパイ、二重スパイを見つけて捉えるために
誰も信じない人生を送ることになり、当然家庭はボロボロ。
罪がないのに嫌疑をかけられて、命を奪われる人も・・
しかし、報道などで明るみになれば、政府はけっして
命じても関わってもいないと主張。
秘密保持は、権力の驕りがリンクしたら、とんでもない方向にも行きうるのだ・・
そんなことを訴えたかったのではないかという気がした。
d0104438_17202054.jpg

当初、主役をディカプリオにさせようと、デニーロは考えていたようだが
ディパーテッドの撮影が重なって、マット・デイモンになったらしい。
出演者全員が見応えのある演技をしていたが、
フレデリックス教授を演じた マイケル・ガンボンが特に光って感じた。
d0104438_17204491.jpg

[PR]

by arthiropon | 2013-04-14 16:42 | ホームシアター  

高倉健の映画『あなたへ』

d0104438_1862815.jpg

やたら映画レビューで酷評が目立つ
高倉健主演の映画『あなたへ』

82歳の実年齢と設定(65歳くらい?)に無理がある とか
健さんに関して書かれていることが多いようだ。
d0104438_1871475.jpg

でも私は、この映画で一番よかったのは、健さんであり
深い余韻を感じる演技であったと思った。

竹田城跡の幻想的なロケ、
散骨した海
土砂降り
阪神タイガース応援の店
d0104438_187454.jpg

d0104438_18895.jpg


いろんな散りばめられた要素も
素敵だ。

宮澤賢治が作詞作曲したという「星めぐりの歌」
田中裕子さんの透き通った声
全編に流れる抒情的な音楽も良い。

演技に真摯に取り組んでいる他の俳優さんは
流石に重みがあった。
佐藤浩市さんも渋みが増したなあ。
大滝さんの演技は、まさにアンカーだ。

ただ台本に盛り上がりが欠けるというか
栄養不足と言うか
肩透かしをくらった感じが
ラストに残った。

映像に合成が使われているのには
残念としか言いようが無い。
木村さんならそんなことは許さなかったのではないか。

脇を豪華俳優陣を固めていたのに・・と
否定的にレビューで書かれているが
どこが豪華なのと思った。

世界の○か何か知らないが、車上荒らしの棒読み演技
ジャニーズ事務所のメンバーの、軽々しく抑揚無く過ぎていくセリフ
これらが台無しにしていると感じた。
d0104438_189124.jpg

健さんのための映画はあって良い。
年齢ばかりを言うのは
あまりに浅すぎる。
[PR]

by arthiropon | 2013-04-10 18:09 | ホームシアター  

珠玉の反戦映画 ひまわり

d0104438_12335469.jpg

1970年日本公開の時に見ているのだから
中学生のときだ。
停電の中、再会した二人のシーンで
赤ん坊の泣き声
思わず泣いてしまった記憶がある。
d0104438_12343560.jpg

哀愁の名曲・・サウンドトラックLPを買い
その数十年後レーザーディスクも買った。
いまだブルーレイは未発売だが
先日ニュープリント版DVDで
十数回目の鑑賞をした。

なぜ反戦の名作の題名が ひまわり なのか?
それは、この土に大勢の兵士が穴を掘らされ
殺されて埋められて
戦後向日葵の種が植えられて
一面のヒマワリ畑となっている背景があるからだ。

イタリアは同盟を結んだドイツに協力して
約10万人の兵をロシアに派兵した訳で
ほとんどが殺されて、
戦後イタリアに無事帰国できたのは1.2万人のみだったそうだ。

同胞・・同じ人間に対して
このような行為が、残念ながらいまだ一部地域で行われている愚かさ・・・。
d0104438_123518100.jpg

極寒のロシアで 自分が壊れてしまったと語るアントニオ(マルチェロ・マストロヤンニ)
相思相愛だった彼の 
ジョバンナ (ソフィア・ローレン)を見る 哀しみで凍りついた目

駅のホームで ようやく彼を見つけ、駅舎に駆け込み大泣きする彼女
戦地に送り出した同じ駅で 別れの見送りをしなくてはならないジョバンナ

何度見ても 目が潤む。
d0104438_12355899.jpg

日本の反戦映画と違うのは
すべての美しさが映画として整っていること。
ヘンリー・マンシー二の音楽は あまりに美しい。
二人の名演と
マーシャ を演じた 戦争と平和のヒロイン、 リュドミラ・サベーリエワの名園
コミカルな 卵やイヤリングのシーン
d0104438_12363636.jpg

人間の条件のように
見た後に ただただ気が滅入るのではなく

二人の愛を引き裂く、こんなことはあってはいけないとの
高揚したメッセージをきちんと受け取れる。

ひまわり・・
永遠の名作です。
[PR]

by arthiropon | 2013-04-06 12:36 | Ⅴ・デシーカ