<   2015年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

あいときぼうのまち 原子力と福島の関わり

d0104438_1535626.jpg

WOWOWで鑑賞。
亡き王女のためのパヴァーヌ (ラヴェル) の曲がかかる中
ラストは目が潤んでしまい、こちらを見つめる牛の目を
正視できない哀しみ・・なんということをしてしまったのか。
d0104438_158538.jpg

福島県出身の脚本家・菅乃廣が監督したこの映画
多くの人が制作に反対または協力しなかったなかで
夏樹陽子さん、勝野洋さんが なにかできることをと主演したのは
勇気あることだった。
監督やストーリーや詳細は、こちらのサイトに出ているので
私は 感じたことだけを書こう。
http://www.u-picc.com/aitokibou/index.html
d0104438_1584227.jpg

驚いたことは、福島県で第二次世界大戦の最中に、無防備な状態で
日々ウラン採掘を、学徒動員でさせられていたということ。
当時、日本も原爆をアメリカに投下しようと計画していたらしい。
この1945年から約70年後の2011年3月11日が訪れるまで
日本の原子力政策に翻弄された福島在住の4世代一家族と
周囲の姿を・・
原発推進派につかなかった家族が村八分にされる様子も描かれていた。
原子力 明るい未来のエネルギーという標語が
皮肉に空しく響く。
d0104438_1542219.jpg

時代の流れには逆らえない
日本の未来のために必要
差し出された東電からの金に、迷いもしない人々。
迷う人に圧力をかけて、必要説を唱える人たち。
今も その愚かな図式は変わっていない。

早く 一刻も早く
利権の亡者たちの手から この国が救われますようにと願う。
d0104438_1591299.jpg

[PR]

by arthiropon | 2015-03-15 01:59 | ホームシアター