無一物。【モリのいる場所】熊谷守一晩年の日々

d0104438_23461691.jpg

本当に淡々と盛り上がりも無く綴られた映画だった。
1950年脳梗塞で倒れてからの約20年間の、自宅の庭で過ごす彼の日常・・
描かれた白い猫や蟻。フクロウ、分解した時計、
関わった周囲の人との、笑いとペーソスを織り込んで描かれている。
d0104438_23432140.jpg
私は以前から氏に魅力を感じ、以前、熊谷守一美術館で個展も開催させていただいた。
モリさんが団体(二紀会)を脱退し、文化勲章も勲三等も辞退し、お偉方になる事に興味を示さなかったこと。
下手も絵のうち という有名な言葉の中には、上手な絵は先が見える、想像力(広がり)も無いが
下手な絵には伸びシロがあり、可能性もある意味が含まれているのだろう。
今のアカデミック教育重点者が、毎回同じような絵しか生み出せないことへの苦言でもあろう。
だから、私は モリさんが好きなのだと想う。
d0104438_23480782.jpg

スマホ中毒で五感を体化させている現代人、自然の循環を軽視して軽率にゴミを廃棄し、
原発排水などで汚しまくり、物質と金銭第一の現代社会に対し、
自然に五感を傾けての生き様が、何が幸福なのかを問いただす。無一文にに似た言葉 無一物に精神性を感じる。
いろいろ書くと公開中の映画にネタばれで水を差すので、この辺に。
山崎さんは大変な熱演で素晴らしかったが、顔の印象では宇野重吉さんや米倉 斉加年さんの方が
近かったかもしれない。もっともそのキャスティングは不可能だが・・
樹木希林さん、とても素敵だった。
d0104438_23452026.jpg




[PR]

# by arthiropon | 2018-05-20 23:48 | 邦画  

【二人日和】【小津の秋】野村惠一監督にご冥福を


d0104438_00414402.jpg
【二人日和】と【小津の秋】
この映画、私とパートナーは何十回・・いや百回近く
ビデオで見ている。
なのに毎回新鮮。寝つけない時は必ずどちらかを見ている。
映画全体に安心感が流れているのも、監督の野村惠一さんが
根っからの京都人で、水や伝統文化を愛し、良き時代の京都映画職人だからだろう。
最近映画を作られてないかなと調べたら、なんと2011年・震災原発被害の翌日に亡くなっていた。
心からご冥福をお祈りし、今も見続けてその深さに感謝しています。
d0104438_00430306.jpg
d0104438_00421717.jpg

[PR]

# by arthiropon | 2018-04-27 00:43 | ホームシアター  

小島のり子さんのジャズフルートライブat swan(小島のり子(fl)天野丘(g)DUO)で魚沼とエビデンスを想う。

d0104438_21342652.jpg

ジャズフルートの小島のり子さんとは、日本酒【飯能風土季】でのご縁がきっかけ。

お披露目会や五十嵐酒造蔵で何度か演奏は拝聴しているが、こじんまりとしたライブハウスでは初めて。

夜8時から新所沢でライブを聴くなんて、20年前の秩父在住人にはあり得なかったが、

金曜の夜はなんと西武秩父行レッドアローの終電・所沢発が23時前・・なら行けるということに。

休憩をはさんで10曲ほどの熱い演奏・・ギターの天野丘さんの声と弦とのハーモニーとのDUOも粋。

d0104438_21340033.jpg

【雪男ウォーキング】 や 【盆踊りブルース】 は新潟の魚沼を髣髴とさせる・・一時は毎週のように遊具指導などで通った豪雪地帯。

実は、日本酒が好きになったきっかけが、ここ魚沼だった。http://www7b.biglobe.ne.jp/~artkomoto/turedure/tu201612.html

【エビデンス】は画家である自分にとって、脳裏に焼き付いた曲となった。【根拠】【証拠】・・医療業界だと その薬が効くという根拠は?の言葉。

以前、銀座のギャラリーのオーナーと話した際に、日本の作家は自分の作品を外国人にきちんと言葉で説明できる必要があると・・

たとえば抽象画と言って【無題】として、自由に想像してなどと言う作家は・・こうなってしまった的なものが多い。それではだめだ・・そんな会話を

【エビデンス】は思い出させてくれた。この絵を【何故描かなくてはいられなかったのか】という【根拠】骨太なものは、必要だと信じるし

いちまいの絵について30分語ることもできるつもりだ。

小島さんのフルートが、自分の感性と心を響かせてくれて、また先が見えた気がした夜だった。

d0104438_21332990.jpg

小島のり子 website  http://www.ekimae.net/jazz/kojinori/

会場のSWANは1965年創業の老舗で、メニューも豊富。新所沢駅西口下車して徒歩2分ほど。

埼玉県所沢市緑町1-18-1 0429-24-4230  http://swan.o.oo7.jp/



[PR]

# by arthiropon | 2018-04-24 21:36 | ライヴの揺さぶり  

グレイテスト・ショーマン【真の芸術は人を幸せにするものだ】バーナムの実話

d0104438_22563778.jpg
馬鹿騒ぎ】と卑下する用語の「circus」を、
見る人に喜びを与え笑顔にするグレイテスト・ショーの代名詞「サーカス」するべく奮闘した
フィニアス・テイラー・バーナムの実話をもとにしたミュージカル映画。
単に華やか以上の、人生で大切なものを考えさせてくれるものだった。
d0104438_22593849.jpg

圧巻だったのは、キアラ・セトル演じる・産んだ母親からも疎まれた身体の女性が
訴えるように歌い上げる(THIS IS ME)
【鋭い言葉に切りつけられたら、洪水を起こして溺れさせてやる。
見られることを恐れない。自分のビートで堂々と進んでいく。
輝ける場所はあるはず、それが私だから THIS IS ME】
d0104438_22583416.jpg

分類して格付けして順位を決めたがるのが、いつの時代も変わらぬ世の常?
枠にはまらない新たなものを酷評する批評家が存在するのも、世の常?
実はこの映画も、評論家から酷評された興業的に失敗するところだったが
SNSで話題沸騰し、映画館でも大ヒットを続けている。
d0104438_23003800.jpg

バーナムのことばに感動・・【真の芸術は人を幸せにするものだ】

オペラ歌手ジェニー・リンドを演じるレベッカ・ファーガソンが素晴らしい。
ミッション・インポッシブルの印象が強い・・歌声吹替えとは残念。
d0104438_23012862.jpg


[PR]

# by arthiropon | 2018-02-23 23:03 | 洋画 映画館  

初鑑賞【歌舞伎】に斬新と立体を見る。第五期歌舞伎座にて

d0104438_13525974.jpg
初めて見終わった感想・・圧倒的な立体感(臨場感を越えて)、創造性あふれた構成に魅了された。
すべてが絵画的に感じたこと・・斬新な色彩、大胆な構図、印象を選別して注目させる組み立て。

10代から興味があった歌舞伎だが、パートナーが吉衛門ファンで生で見たいということから実現
・・今回が初めての生・歌舞伎鑑賞だった。感謝している。
とても多くのインスピレーションや渦をインストールされたように思う。

音や演奏、仕掛けや花道など、とても立体的な空間に仕上がられて、あっという間の時間だった。
d0104438_13594560.jpg
歌舞伎座「六月大歌舞伎」
名月八幡祭11:00-12:47
幕間 35分
澤瀉十種の内 浮世風呂1:22-1:45
幕間 20分
御所桜堀川夜討
弁慶上使
5回生まれ変わった、約130年の歴史を誇る歌舞伎座で鑑賞した。吉衛門、圧巻だった。
d0104438_14003726.jpg



d0104438_14015214.jpg
d0104438_14023241.jpg
小倉アイス最中 美味しい。
d0104438_14030346.jpg

[PR]

# by arthiropon | 2017-06-26 14:03 | 演劇 舞台